ドアノブ修理は鍵110番に依頼が大切【スピーディー対応で安心】

労働者

扉の取っ手の変更

特徴とデザイン

ドアのぶ

ドアノブは昔ながらの握り玉タイプや最近主流となっているレバーハンドルなどがありますが、どちらも年月の経過につれて動きが悪くなり、交換することもあるようです。また動きの悪さが理由ではなく、デザインや使いやすさを考慮してのドアノブ交換をするケースもあります。ドアノブ交換に関しては専門業者に依頼してやってもらうという方法もありますが、ドライバーなどを使って取り外し、綺麗に掃除するだけで動きが良くなることもあります。またそれでも動きが悪い場合は、ホームセンターやインターネット通信販売などで内部のラッチ部分を新たに購入して変更すれば、自力でも修理が可能です。自力で実行すれば修理のための費用も抑えられますし、他人を家の中に入らせなくても済むというメリットがあります。もちろん修理のためだけでなく、デザイン変更などの意味でドアノブ交換をするのも同じ方法で大丈夫です。

古くなったから

最近ではドアノブのデザインもおしゃれになっていて、動きも悪くなっていることもあり、古いドアノブを新しいものに変更したいと思うこともあるのではないでしょうか。そんな客側のニーズに合わせてホームセンターなどにはたくさんの種類が取り揃えられており、アンティークでおしゃれなものや、最先端のメタリックなもの、動物を模した可愛らしいデザインなど、実にさまざまなドアノブが存在しています。もちろん専門業者に依頼して、そちらが用意したドアノブに交換してもらうのも良いでしょう。しかしこのようにデザインも豊富になっていることから、インテリアや好みに合わせたデザインのドアノブを購入し、自力でドアノブ交換をすることがDIYとして人気があるようです。交換方法も割と簡単ですし、わからない場合はインターネットなどで調べたり、ホームセンターの店員に尋ねてみるのも良いでしょう。