ドアノブ修理は鍵110番に依頼が大切【スピーディー対応で安心】

労働者

鍵の紛失には要注意

身分証明が無いと出来ない

不動産

鍵110番は、鍵を無くした場合や鍵を会社等に置き忘れて帰宅後に家の中に入れなくなった場合、連絡すると直ぐに駆けつけてくれる頼もしい味方です。また、事務所の金庫の番号を忘れた時や紛失してしまった場合にも対応してくれます、鍵を開錠する場合やその他の時も鍵屋さんや鍵110番でも必ず、鍵を開けて貰う側の身分証明を確認する様になっています、その為に身分証明をする免許証やその他のも物を必ず携帯して置かなければ鍵を開けて貰えませんので注意して置いて下さい。理由は簡単です。他人になりすまして部屋へ入ろうとすること輩がいるため、鍵110番等の鍵屋さんでは、身分証明が出来ない者については開錠してくれないのです。

オートロックの建物は注意

鍵の紛失をした場合に、家の中へ入れない時に鍵を開錠してくれる鍵110番があります。一般の住宅であれば鍵の開錠や取替えは自分の都合で可能になりますが、オートロック式のマンションや賃貸の住宅の場合にはそうもいきません。鍵の複製や開錠は可能になりますが、錠前=本体を交換する場合には注意が必要です。オートロック式の場合には総戸数分の鍵で共用玄関一か所を開けるようにマスター方式が取られていて、そのマスターキーが開錠できる様にそれに合った鍵が必要になります。そして、その場合には、不動産会社かビルの管理会社へ連絡し取替えが出来るか等を最初に聞いて置く必要があります。緊急の場合には、不動産業者や管理会社が開けてくれる場合もあります。